人気エリア一等地の中古マンションを私が衝動買いした本当の理由とは

資産価値が落ちにくい人気エリア一等地の中古マンションを買うのは、資産作りに最適です。

 

サラリーマンは、いきなり不動産投資をしなくても、安全に資産を増やせる方法はあります。

 

まず、資産価値が落ちないマンションを買うと、将来、売却もしやすいし、当面は税金控除も受けながら、確実に自分の資産が構築できます。

 

私も2019年の4月に人気エリアの駅前一等地に中古マンションが売り出されたその日に、内覧してその場で契約。

人気エリアで、お得な中古マンションを即日買いした私の体験談をお伝えしていきます。

 

今回は、なぜ私が人気エリアの中古マンションを売り出された初日に衝動買いしたのか?

その理由とマンションを買うときに重視していた条件について書きます。

中古マンションを買う体験記:資産価値が落ちない不動産の探し方

(引用:本気のくまにゃんさんによる写真ACからの写真 )

私が買いたいマンションの希望条件は高かった

予算を沢山かけれるならば、良い条件の不動産物件を購入できるのは当たり前の事です。

難しいのは、限られた予算でハードルの高いマンションを買いたいのが、多くの人が望むことです。

 

私が希望していたマンションは、そんな不動産物件は見つからない!と不動産業者から言われる条件でした。

・●●(人気の高級住宅地エリア)駅から徒歩5分以内

・低層か中高層住居専用地域、または風致地区

・築年数20年以内で50㎡以上、ローン減税が使える

・4階以上の南向き、風通しが良い

・洗濯物や布団が干しやすい奥行のあるベランダ

・頭金500万ほどで、月々の返済が無理なくローンが組める予算内で買える価格

・生活に便利で、かつ落ち着いた生活環境

・月々の管理費が2万円以内だが、積立管理費が黒字

 

一番優先したい条件を決めて、残りはある程度、妥協しないと、多分見つからないとも言われました。

しかし、私は妥協して買った物件で、何千万ものローンを払うのは嫌だったので、諦めずに3年以上前から探し続けていました。

マンション購入は 駅近5分以内は絶対に譲れない条件

立地の良さがマンションを売る時には人気を左右するので、駅近5分以内は、譲れない条件でした。

 

探していたエリアは、駅近でも建築制限や条例が厳しいこともあり、マンションや戸建住宅の数自体が、他の地域に比べて少ないことも人気の秘密でした。

 

通常、商業開発が規制されている地域は、高層の建物を建てられません。

 

よって、その地域で建築された多くの低中層マンションは、築25年以上を超える古い物件がほとんどです。

古い物件になれば1980年代の新耐震制度が導入される以前の古い物件もありますが、それでも駅近は、まだ2,000万円〜4,000万円です。

 

新築も販売されますが、新築マンションは億ションに近い価格がほとんどで、私の予算では、買えません。

 

それでも近年は、不動産の景気が良い時期なので、販売すれば次々と億ションでも売約の予約が、埋まる状態です。

 

主な購入層は、会社経営者や医師や弁護士など高収入の人で、中には即金で購入する人も居るようです。

生活環境の良さも重視していた条件

私が同時に重視したのは、駅近だけでなく、周辺の立地環境でした。

駅近で便利であっても、周囲の環境がうるさいとか治安が悪ければ意味がありません。

 

私が欲しかった便利でかつ落ち着いた生活環境のエリアは、超人気です。

近くに市役所、小学校、病院やスーパーマーケットなどもあり、生活するのにも非常に便利です。

 

便利でも騒がしさがなく、適度な落ち着きがある住宅環境は、駅近では少ないです。

 

駅近であり、周囲の生活環境も良いマンションは、将来も売りやすいかどうか?の資産形成に関わるので、妥協せずに探し続けていました。

家を買いたい最大の目的は子供の校区の問題だった

私がマンションを購入した大きな理由は、子供を人気の校区内にある小学校に通わすためでした。

人気エリア一等地の中古マンションを私が衝動買いした理由は小学校の校区の問題

(引用:みんと。さんによる写真ACからの写真 )

 

また、認可の市の保育園や幼稚園は、その通学の指定範囲の地域に住民票が無ければ、入園が許可されません。 

過去に私が住んでいたマンションは、今回、購入したマンションから10分も離れていない場所にありました。

 

しかし、道路を1本隔てて違う市になり、道路の左側と右側に住むかによって、子供が通える幼稚園や小学校が変わります。

 

そして、不動産業者の話では、私と同じように子供の校区の問題で、人気エリアに家を買う人は多いそうです。

 

小学校でも校区に通うために一時的に引っ越して、その場所に住民票を移す家族もいます。

 

しかし、最近では形だけ住所を移し、希望の校区へ通学する事は難しいです。

最低でも1年以上の居住が必要で、このような入学方法をする家庭に対して世間の目は、厳しくなっています。

 

私も、一時的に引っ越して数年間、月数十万円の家賃を払うならば、いっそ買う方が良いと考えていました。

 

以前からお洒落な、その地域に住むことに憧れもありましたが、私のマンションの購入条件は高かったです。

人気エリア一等地の中古マンションを私が衝動買いしたのは環境への憧れ

(引用:tomonさんによる写真ACからの写真 )

 

そして、私と同じように人気エリアで条件の良い物件を探している人は、非常に多く、良い物件もなかなか出ないのが現実でした。

 

直ぐに買える売り出し中の中古マンションは、やはり価格なりのレベルです。

私が求めていた転売が楽にできる不動産は、ハードルが高く、条件に合う物件もなく、3年ぐらい探し続けていました。

 

今回、子供の幼稚園就学にギリギリ間に合うタイミングで、理想の不動産物件が出てきた事に、何かの縁を感じます。

売り出しの初日にその場で契約して、衝動買いのような行動でも、実は3年前から探し続けてきた結果です。

 

私は現在、不動産関連の仕事をしていますが、実際にお客様の立場になって売買を経験すると、仕事とは違う発見があります。

 

また、実際に自分達でマンションを何度も買い替えていると、資産価値が落ちないマンションを見分けるコツもわかってきます。

 

次は、衝動買いしたマンションを見つけた方法をお伝えします。

お得な人気中古マンションを探して買うコツとは?私のマンション争奪体験談