2019年5月13日

【主婦が再就職で稼げる資格】40代主婦が経理の正社員になれた簿記2級の魅力

主婦の再就職に有利な資格の一つに簿記検定があります。

 

私の友人の40代の3人の子供がいる主婦も簿記検定2級を取得後で、正社員で再就職がすぐに決まりました。

彼女の場合は、地方銀行にパートで勤務していた職歴があったことも再就職が成功した理由ですが、簿記の資格が経歴に箔をつけました。

 

簿記は、女性が年齢を重ねてもキャリアアップできる資格の一つです。

 

経理部門や数字に関わる仕事を少しでもしていた主婦であれば、取得して損のない資格です。

 

ここでは、簿記の仕事内容や将来性などを紹介します。

簿記資格の中でも特に知名度が高い日商簿記検定の試験情報、出題範囲や合格率についてお伝えします。

主婦が再就職で稼げる資格40代主婦がすぐに経理の正社員になれた日商簿記検定2級の魅力

簿記を取得後の主婦の再就職先ベスト3

主婦が簿記を取得後で転職や就職で簿記の資格がいかせる職場は大きく3つあります。

・企業の経理部門に勤務

・会計事務所

・税理士事務所

他に、独立開業する場合は、どんな業界であっても簿記の知識は必要とされます。

 

最近では、企業の経理部門以外の営業や管理部門でも、経営がわかる数字に強い人材は重宝されています。

経理を学ぶことは、同時にコストや利益がわかることにもなるからです。

 

簿記検定3級では、一般企業で使われる商業簿記について基礎問題が出題されます。

 

ただ、製造業など業界によっては、原価計算(工業簿記)のスキルなど別の専門知識が求められます。

例えば、工場内で発生する製品原価のコストなど各数値を算出し、工場内のお金の流れを出すなど、経験を積まないと仕事もあります。

よって簿記検定2級からは工業簿記についても出題されます。

 

会計事務所は、企業や個人のクライアントから会計処理を任され、専門の会計業務を行います。

収入と支出の流れを把握し、記録や管理をします。

簿記検定を取得しているだけでは、会計士のアシスタント的な役割が多くなりますが、会計業務の基礎知識に簿記が必要です。

 

また税理士事務所でも同様に簿記の資格を取得していると就職しやすいです。

法人の税務処理を担当したり、節税アドバイスを行ったりする仕事に簿記の知識が役立ちます。

将来、税理士や会計士を受験予定の見習い所員が簿記を先に習得しておくことが多いです。

簿記の将来性。主婦でも再就職先はあるか?

簿記2級以上を取得していれば、主婦であっても就職や転職が決まりやすく、潰しが効きやすい資格の一つです。

 

転職や就職は、新卒以外は実務経験が何よりも重んじられますが、簿記検定2級を取得した努力は評価されます。

また、就職や転職に有利なだけでなく、会社によっては資格手当を出すところもあり、年収アップのチャンスにもなります。

 

簿記の資格者が多くなっても、肝心の採用企業が少なくなれば、需要は先細りです。

経理の求人倍率が上がり競争が激しくなると心配になる人もいます。

 

確かに事務職をはじめとする経理の職種は、これから企業内で増えていく職種とは考えにくいです。

AI(人工知能)の導入など、単純な計算や入力作業など誰でもできる仕事は激減します。

 

ただ、ベンチャー企業をはじめ、独立志向が強い人材が設立する個人企業は増えていくと予測されます。

そのような企業では、一人が何役もこなす必要があり、簿記の知識を持つ経営や数字が理解できる人材の需要は、ますます高まります。

 

何となく就職や転職に有利になりそうだから、ということだけでなく、どんなキャリアを積みたいか?目的意識を持って簿記を取得する必要があります

簿記は他資格へのステップアップに役立つ!

簿記をめざす人の全員が、経理の仕事をしたい訳ではないのに、なぜ、これほどの人気があるのでしょうか?

それは簿記が、どの仕事にも必要で汎用性の高いスキルを得られる資格であることも関係しています。

 

簿記の学習は、税理士公認会計士などの会計系資格の取得を目指す方にとって、基礎知識が習得できます。

また、会計資格に限らず、中小企業診断士試験においても、簿記の知識は必要です。

難関資格を取得するために、まずは簿記検定で、会計の基礎力をつける人も多いです。

 

また、経理の仕事をしている人だけでなく、独立開業など会社経営にも簿記の知識は必須です。

簿記は覚えておいて、絶対に損のない資格であることは間違いないです。

年間55万人が日商簿記検定を受験する

簿記検定は、学生が就職活動を有利にする、また、社会人がとりあえず取得しておきたい資格の一つです。

 

その中で、日本で一番、評価が高い簿記資格は、「日本商工会議所」が主催する日商簿記検定試験です。

この簿記検定は1級、2級、3級がありますが、年間約55万人が受験する日本で最大級の資格試験です。

日商簿記検定について

簿記検定1級(6月、11月)、2級、3級は、年に3回(6月、11月、2月)に実施されます。

3級と2級は違う時間帯になるので、同じ日に受験することは可能です。

【簿記検定】の試験内容

それぞれの試験時間、科目と合格基準点です。

日商簿記検定1級

簿記検定1級の試験科目

日商簿記検定2級

簿記検定2級の試験範囲

日商簿記検定3級

(参照引用:「受験者データ|簿記_商工会議所_検定試験」より)

 

3級であれば商業簿記、2級から工業簿記が加わります。

2級も3級どちも試験時間は、2時間で70点以上で合格です。

【日商簿記検定】の合格率

合格率は1級になるほど低くなり、試験の難易度も上がります。

 

過去3回の合格率を見ていると、

3級は平成31年の2月では、合格率が55%を超えて易しくなっています。

日商簿記検定3級の合格率】

受験者数 受験者数 合格者数 合格率
151回(平成31年2月) 80,360名 44,302名 55.1%
150回(平成30年11月) 88,774名 38,884名 43.8%
149回(平成30年6月) 79,421名 35,189名 44.3%

 

その反面、2級は回を重ねるごとに合格率が下がっています。

日商簿記検定2級の合格率】

受験者数 受験者数 合格者数 合格率
151回(平成31年2月) 49,776名 6,297名 12.7%
150回(平成30年11月) 49,516名 7,276名 14.7%
149回(平成30年6月) 38,352名 5,964名 15.6%

 

1級は、5.9%しか合格しない回もあり、2級に比べるとさらに難関です。

日商簿記検定1級の合格率】

受験者数 受験者数 合格者数 合格率
150回(平成30年11月) 7,588名 680名 9.0%
149回(平成30年6月) 7,501名 1,007名 13.4%
147回(平成30年6月) 8,286名 487名 5.9%

(参照引用:「受験者データ|簿記_商工会議所_検定試験」より)

 

簿記検定に最小限の予算と勉強量で合格したい人は、わずか¥19,980〜受講できるスタディングの簿記講座」もおすすめです。

 

スタディングでは、合格に必要な最低限の知識だけを身につけるので、最短で合格することができます。

 受講生の評判と口コミは >>> こちら

主婦は簿記の2級資格からをめざすと良い

企業で評価され、再就職や転職に有利になるレベルが日商簿記検定の2級以上からです。

 

会計士や税理士をめざす人は簿記検定1級までをめざすと良いですが、難易度も高く取得に時間がかかります。

難関資格は評価はされますが、取得に時間がかかりすぎるのは良くありません。

 

まずは半年間ほど、集中して簿記2級を先に取得してから、再就職活動をすると早く職が決まりやすいです。

簿記2級の傾向と対策

簿記は下記の配点で対策してみてください。

仕分問題 5問✖︎4点
帳簿 10点
試算表 30点
伝票 10点
精算表・決算書 30点

1、3、5で80点以上が取れると合格します。

 

簿記を費用をおさえて取得するおすすめの方法は

女性の転職に有利な簿記資格:教育給付金が使える簿記の通信講座の紹介」