女性の転職に有利な簿記資格:教育給付金が使える簿記の通信講座の紹介

女性転職の資格:簿記検定で教育給付金を使う講座の紹介 おすすめ資格と転職
広告

女性の転職に有利になる方法の一つが、企業の募集が多い資格を取得することです。

特に簿記の資格は、企業の経理部門を中心に募集が多いです。

 

ただ、転職に有利な資格を取得したいけど、簿記の受講費用は安くので、授業料が高い通学をためらう人は多いです。

それに比べて通信講座の費用は5万円以下で、通学の約半分で済むので安いです。

 

今回は、そんな通信講座が、さらに安くなる教育給付金が使える通信講座を紹介します。

簿記は、一般職であっても転職に有利になるので、国が教育給付金で後押ししています。

 

教育給付金制度が利用できる簿記の通信講座では、受講条件を満たせば受講料の2割(最大10万まで)が、受講後にハローワークから戻ります。

 

★ 教育訓練給付制度を利用した私の体験談>>>フォーサイト教育訓練給付金制度で受講料が20%戻った申請方法と注意点

女性転職の資格:簿記検定で教育給付金を使う講座の紹介

「簿記検定」の教育給付金の通信講座

通信講座「ユーキャン」も「フォーサイト」の簿記検定の講座は、教育給付金の対象です。

これらの講座は、高い合格率と数多くの合格者の実績があります。

 

簿記合格率全国平均の1.76倍の【フォーサイト】

(画像引用:「公式サイト簿記通信講座」 より)

フォーサイトは、宅建士の資格試験に合格者を多く輩出することで有名で、試験に的を絞った教材に定評があります。

そして、簿記検定も宅建と同様に全国平均の1.76倍と高い合格率です。

 

特徴は、わかりやすいフルカラーの教材で、受講生の記憶に残ります。

簿記検定2級と3級を同時合格を目指すことも可能です。

 

3級では、基礎力がしっかり身につくので初心者でも安心です。

詳しい内容はで確認できます。

簿記30年以上の開講実績【ユーキャン】

ユーキャンの簿記2級講座は、ユーキャンの看板商品です。

簿記講座の歴史は古く、30年以上の開講実績があります。

(参照画像:「ユーキャンの簿記2級講座」より)

6ヶ月で合格を目指す試験攻略のポイントがまとめられたテキストです。

 

簿記試験は、マークシートではなく、全て記述式です。

よって理解しやすさに重点を置き、解答の様子を動画にしています。

講師が解説しながら解いていく様を見れ、効率よく勉強ができます。

 

詳しい内容は式サイト:「ユーキャンの簿記2級講座」 で確認できます。

「簿記」以外の講座で教育給付金が使える講座がある

また、ユーキャンの通信講座の強みは、豊富な講座数です。

他の学校には無い分野の資格試験対策の講座も揃えています。

【教育訓練給付制度が適用される講座一覧】

下記の⭐️印が給付金の対象講座です。

(参照画像:ユーキャン)

 

「宅建士」と「簿記2級」以外に実務に役立つ多くの資格が給付金の対象です。

就職に有利になる資格が取得できる講座が揃っています。

「社会保険労務士」「ファイナンシャルプランナー」など自分の特性に合わせて選べます。

 

ユーキャンは資格試験の対策にも強く、丁寧な添削指導で定評があります。

受講生の生の声が知りたい場合は >>>  ユーキャン(U-CAN)口コミと評判は本当か?宅建合格者が徹底検証!

 

また上記では紹介されていませんが、マイナーな通信講座もあります。

「ボイラー技術士」の国家資格の取得を目指す講座も教育給付金が適用されます。

 

資格の中には、残念ながら教育給付金が適用されない講座もあります。

しかし、ユーキャンは、どこよりも講座数が多いです。

自分の気に入る講座は見つけやすい利点があります。

 

・自分に向いている資格を探したい時は、【公式サイト:生涯学習のユーキャンが参考になります。

女性の転職で簿記資格が有利になる理由

簿記の資格取得者を企業が優遇する理由の一つは、お金の流れがわかる人材は、経理以外にも役立つからです。

営業職や一般事務職であっても数字に強ければ、仕事全般のスキルが上がります。

 

売上予測や会社の経営状態も理解できれば、経営者の視点が持てるので、仕事の幅も広がります。

簿記3級:商店や小規模の企業の経理がわかるようになる

簿記2級:中小企業から大企業まで財政状態と経営成績がわかるようになる

どんな業界でも、数字に強い汎用性の高いスキルを持つ人材は、転職にも有利です。

 

そして、女性の転職で苦労しがちな主婦の再就職でも簿記は有利になります。

詳しくは「簿記の資格試験や仕事内容と就職状況」でも書いています。

迷う女性は転職に有利な資格取得がおすすめ

今の仕事に嫌気がさしていると、自分のキャリアと関係ない資格取得をしたくなります。

しかし30代以上になれば慎重に考える必要があります。

今までのキャリアを活かせる資格を取得する方が転職は成功しやすいです。

 

例えば、経理の仕事をしている人は簿記、総務であれば社労士などです。

建築関連の仕事に就いている人であれば、建築士や技術系の資格です。

キャリア構築の為にも資格は若い年代に早めに取得しておきたいです。

 

自分の現在している仕事、そして今までの過去の職歴を振り返ってみて下さい。

どの資格を取得すればよいか?迷う人は、幅広い業界で需要が多い資格がおすすめです。

 

特に簿記宅建士などの人気の国家資格は、採用する会社も多いので潰しが効きます。

 

雇用保険を納めていた人であれば、教育給付金制度は利用しないと損です!

 

転職やキャリアアップに有利な資格を取得してみてください。

★ 宅建の通信講座でおすすめは >>>教育給付金が使える【宅建】通信講座でおすすめベスト3を紹介!合格率も徹底比較

タイトルとURLをコピーしました